口腔外科

親知らずの抜歯

親知らずは、ほとんどの場合、他の歯に悪い影響を及ぼす可能性があるため、今痛みがなくても抜歯することをお勧めします。当院では、大学病院の口腔外科で治療を行っていた歯科医師が処置を行っており、他院からの紹介で親知らずの抜歯をすることもあります。もし他の歯科医院で断られてしまった場合には、当院へご相談いただければと思います。なお、その際、レントゲンのデータをお持ちいただければ、再度検査をする必要がなく、被曝量も費用も抑えることができます。

女性の方へ

妊娠してから親知らずが痛み出すと、治療が困難になる(痛み止めが使えない)ため、できるだけ早めに抜歯しておくようにしましょう。

歯科用CTによる検査

親知らずが神経の近くに埋もれている場合には、保険診療でCT検査を受けることができます。きちんと神経との位置関係を把握することで、より安全な治療が可能になります。

親知らずを保存しておくメリット

基本的には親知らずは不要なものですが、先進医療の研究では、完全に骨の中に埋もれている歯を取っておくことで、将来的に再生医療に使える可能性があります。もし親知らずの抜歯をご希望されない方は、診療時に仰っていただければと思います。

その他の症状

当院では、親知らずの抜歯以外にも、口腔外科に関する様々な治療を行っております。例えば以下に当てはまる方は、お気軽にご相談ください。

  • 舌が痛い(舌痛症)
  • 口が開けづらい、音がする(顎関節症)
  • 出来物、口内炎
  • 切り傷などの外傷
  • 癌の疑い

高血圧症、糖尿病、心疾患などをお持ちの方も、内科の先生と連携して安全に適切な処置を行います。全身疾患をお持ちの方も、遠慮せずに何でもご相談ください。

side_inq.png